村井 宏樹

アフリカンドラム”ジェンべ”
叩け、熱中♪

村井宏樹のプロフィール画像です。

\シェアする/

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

「タムタムマンディング・ジェンべ・アカデミー」(略称:TTMDA)は、ジェンベアーティスト、ママディ・ケイタが主宰するジェンべschoolです。

ママディ・ケイタは、ギニア出身のジャンベ奏者。

キング・オブ・マンディカ(アフリカで最も偉大なドラマー)やジャンベフォラ(ジャンベの神様)と称されています。(ウィキべディアより)

村井宏樹は、TTMDAの公認上級インストラクターです。

TAM TAM 
MANDINGUE DJEMBE ACADEMY
アクセス情報

校名TTMDA福岡校
お問い合わせ090-5298-7901
Mail Address hirokiss1007@gmail.com
営業時間11:00〜21:00(受付20:00)
定休日不定休
Address福岡県福岡市中央区荒戸1-9-22

村井 宏樹の自己紹介

キーワードは、「熱中」

パウロ・コエーリョの名著「アルケミスト」でも、少年が旅に出る前から持っていたのは、熱中できるという才能でした。「熱中」という世界共通のコトバのおかげで、少年は宝探しの旅の良いスタートを切ることができました。


アフリカの太鼓ジェンベに熱中して20年。

20年前も今も、私がアフリカの太鼓で伝えられるのは、何かに「熱中」するコトバだけです。

一粒の砂の中に無限の世界を見ることができるのは、「熱中する」というコトバが喋れるからだと思っています。

今あなたの目に映る一本のヤギ皮太鼓に何かを感じたら…脇目も振らず一心に情熱のコトバを叩いてみませんか?

イマ、ココを完全燃焼する集中力

アフリカのエネルギーの源は、過去でも未来でもないイマ、ココを完全燃焼する集中力です。

人目を憚らず、ソレを、叩け!

…というスタイルです♪

村井 宏樹のHistory

1974宗像市に生まれる。
幼少期のお気に入り:ライオン、ビートルズ「青盤」、ダイヤモンド「アフリカの星」
1990福岡高校入学。
体育祭のグループ応援席の巨大壁画(4×12㍍)を描くために美術部に入部する。
1994慶應義塾大学SFC入学。
第1外国語として何気なく選択したフランス語により後の人生が決まることになる。
1997朝日新聞社主催フランス語スピーチコンテスト「コンクール・ド・フランセ」4位入賞の副賞でフランスに短期留学し、そこで西アフリカの伝統打楽器「ジェンべ」に出会う。帰国後、民族楽器ユニット「ばく(神奈川)」に加入。
音楽活動を開始。
1998ジェンべの巨匠ママディ・ケイタ師の薫陶を受け、ジェンべフォラ(ジェンべ演奏者)の道を志す。
1999初のアフリカ修行旅行へ。
以後現在に至るまでギニア、マリ、セネガルへ計6回渡航し現地のマスタードラマーに手解きを受ける。
2001師匠ママディのアフリカ音楽学校TamTamMandingueDjembeAcademy(TTMDA)ブリュッセル本校に短期留学、帰国後福岡に拠点を移しアフリカン・パーカッション・バンド「FOLIKAN」に加入する。
2006GEKIDAN☆AFRICAに加入、楽団長に就任する。
2007TTMDA認定インストラクター資格を取得、TTMDA福岡校を設立する。
2008鹿児島県三島村によるギニア共和国マンディアナ県バランドゥグ村の診療所建設にフランス語通訳として同行する。
2010香港でワークショップを開催。
2013TTM三島キャンプにババラ・バングーラ氏ドラムサポート・通訳として参加
2014TTMDA中国・三島キャンプにママディ.ケイタ氏ドラムサポート・通訳として参加
2015TTMDA上級インストラクター資格を取得する。糸島市に移住する。

村井 宏樹の趣味

  • 映画鑑賞(StarWarsファンです)

  • プロレス談義(もっぱらNewJapanです)

  • アフリカ音楽(趣味=仕事です)

\Bluebookからのお知らせ/

Bluebookのサポートメンバー制度、
始めました。

詳しくはこちらをチェック!