松田 純哉

BESPOKE | Potato Megane 
大名を転がる大人になりきれない眼鏡屋

松田純哉のプロフィール画像です。

\シェアする/

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

BESPOKE | Potato Megane について

BESPOKE | Potato Meganeは、福岡市中央区の西通りからほんの30メートルほど裏通りの路地を入った場所にある眼鏡専門店です。

そのためお客様とゆっくりじっくりとお話をすることが出来ます。用途に応じて見え具合やフレーム選びもしっかりと対応させて頂いており、お渡し後のクリーニングや調整、破損時などのアフターメンテナンスには特に大切にしています。

眼鏡は生活を大きく左右するものですし、ただ道具としてだけでなく、生活を彩るファッション的な部分に着目したセレクトをスタッフ全員が心掛けており、お客様自身の満足度が高ければ、周りにいらっしゃるご家族だったり、友人知人の皆様にも良い影響を与えると思っています。

そして、簡単に物が買える時代に、わざわざお店に足を運んで頂くからには、眼鏡の事に関してのお話はもちろん、衣、食の事など街の情報を知っておくことで、ジャンルを問わず、当店以外も楽しんで頂ければと思っているので、休日は極力街に出て、他店の皆様との情報交換も自ら楽しんでいます。

取扱商品&サービスについて

国内外を問わず、現行のセレクトとヴィンテージ、オリジナルを中心に取り扱っています。

オリジナルに関しては、フレームに使用する、生地やサイズ、シェイプなど、お客様のご要望に応じて作成を行うフルオーダーと、 ヴィンテージフレームをデザインソースに、 独自のフィルターを通して生まれた、 約30種類のオリジナルシェイプから生地やサイズなどをお選び頂く、セミオーダーが可能です。
                                     
ご好評のオリジナルレディメイドフレームもこの春にリリースされたばかりで、 ご要望の多かったメタルフレームのセミオーダーも同時にスタートしております。

大名の裏通りで、緩やかな空気感の漂う店内で ゆっくりとお話しながら眼鏡をお選び頂き、 お渡し後のクリーニングや、調整、修理などのアフターケアを大切にしております。 

店舗情報

店名BESPOKE | Potato Megane 
問い合わせ092-406-6547
Mail Address 
営業時間11時~20時
定休日不定休
Address
駐車場なし(BESPOKE向かいのパーキングをはじめ周辺にコインパーキング多数あります。)
最寄駅西鉄福岡(天神)駅から徒歩5~7分

松田純哉の自己紹介

長崎県は雲仙市の小さな田舎町の酒屋の長男として幼少期を過ごしました。

店内での風景は(特に人間模様)視点が面白いと言われる私の原点だと思います。

物心ついた頃には、店番を手伝ったり、父に軽トラックに乗せられて配達に付き添っていたので、必然的に人と触れ合う機会が多く、引っ込み思案な性格はどんどん影を潜め、町でも有名な目立ちたがり屋への道を歩み始めました。

小学校に入学して早々に、書道やそろばんなど、いくつかの習い事に通っていたものの、いかんせん落ち着きがなくジッとしていられない性格の私を見かねたのか、礼儀や挨拶に厳しかった父が勝手にソフトボールクラブに入部を決めた事が功を奏し、高校3年生の頃に、第80回記念 夏の甲子園にレギュラーとして出場するまでになったのです。

根性論と汗にまみれた野球漬けの日々の中で、挫折を繰り返し、もがき、仲間達と熱くなれた事は、沢山の人達の支えに気付くきっかけになりましたし、何事にも感謝の気持ちを忘れずにいたいと思えるようになりました。

野球とはかけ離れていますが、暇さえあれば夢中でファション誌を読みあさるほど洋服が好きで、スナップ写真を見ながら、いつかこんな風に掲載されてみたいという密かに憧れを抱いていました。

福岡の大学を卒業後、インポート服中心の卸の会社に就職し、営業や倉庫内の在庫管理の仕事を経て、ついに色々なご縁から、大名の路面のセレクトショップYIELDに立つチャンスが巡って来たので、後悔したくない気持ちで働く決断をした25歳の私は、右も左もわからず戸惑う事ばかりでしたが、またここでも沢山の人達の支えによって、対面販売の面白さや奥深さの魅力に取り憑かれ、夢見ていたファッション誌に掲載されるようになったばかりかTVの取材を受けたりもするようになりました。

10年以上洋服屋として、街で有名な目立ちたがり屋を続けたおかげで、ファッションと眼鏡の距離が縮まった今、  ポテトメガネビスポークの店頭に立つ事が出来ています。

松田 純哉のHISTORY

1980
島原半島の小さな田舎町の酒屋の長男として産声を上げる。
1987西郷小学校入学 柄にも無く、習い事は多い方だった。
1993瑞穂中学校入学 部活動の野球に明け暮れながら、生徒会長を務める。
1996長崎日本大学高等学校入学 名門の野球部に入部し、1998年夏の甲子園に出場する。
1999九州産業大学商学部夜間入学 アルバイトと洋服に時間を費やす。
2003インポート服、雑貨の卸会社に入社 倉庫管理、営業を学ぶ。
2005セレクトショップYIELD入社 販売、バイイングを約10年間続ける。
2015ポテトメガネ入社 POTATO MEGANE BESPOKEの店長を務める。

趣味の草野球について

カモレンジャイというチームに所属しており、年齢も経験者、未経験者関係無く、全力疾走だけをモットーに白球を追いかけています。

練習をせずに試合に臨むのがポリシーで、無論のこと学生時代のようには身体が動くわけもありませんが、いざグランドに立つと、眠ったままかと思った闘争心が目を覚まし、時間を忘れて夢中になってしまいます。

ちなみに基本外野しか守れませんし、声出しは一丁前なものですから、本当に甲子園に出場したのか疑われていますがグランドで学んできた思いやりのあるキャッチボールは話のキャッチボールに多いに役立っている事は確かです。

【Bluebookを見て来店特典】
眼鏡フレーム削り無料体験

あたり前のように掛けられている眼鏡ですが、
ご自身で作成しようと思った事のある方は少ないかと思いますので、
眼鏡の組み立てまでの無数の工程の
中から、フロント部分の削り出しを体験して頂ければと思います。

実際は、ご想像よりもかなり原始的なところもございますので、驚かれる方も沢山いらっしゃいますが、

体験後は、眼鏡をお掛けの方も、ご検討されている方も、眼鏡の見方が変わるはずです。

※尚、工具等の準備が必要になりますので、体験をご希望の方は、事前にご連絡頂く事をご了承くださいますようお願い致します。

\Bluebookからのお知らせ/

Bluebookのサポートメンバー制度、
始めました。

詳しくはこちらをチェック!

メニューを閉じる
Translate »