瀬下 黄太

アトリエてらた
プロの遊び人

瀬下黄太のプロフィール画像です。

\シェアする/

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

アトリエてらたについて

楠の木が青々と茂る護国神社を背にして、大通り(202号線)から閑静な住宅街の方へ入ると、目の前に自転車だとちょっと躊躇するような坂道が見えます。

でもそのまま気にせずにその坂道をぐいぐい進んでいくと、民家のような、アトリエのような隠れ家感満載の味わいある建物が目の前に現れます。

それが『アトリエてらた』です。
瀬下黄太の父親で画家だった寺田健一郎画伯がアトリエ兼住居として使っていた建物を改装しカフェ&Barとして2011年にオープンしました。

鉄製の手すりが付いた階段を登り、ドアを開け店内に入ると、画伯が描いたと思われる巨大な壁画がお出迎えしてくれます。


店内を見渡すと、寺田健一郎画伯の仲間を中心に福岡の様々なジャンルの文化人が集まるサロンのような役割を担っていた当時の雰囲気をそのまま今に伝える、その場に身を置いているだけで心落ち着く、心地良い空間が広がっています。


アトリエてらたの名物は、その空間に身を置いて食べる絶品カレーです。

その名も『ヤッホーカレー』

 

インスタ映えという言葉に背を向けるがごとく、見た目に派手さはありません。
でも。一口食べると、幸せが口の中に広がります。

何種類のスパイスが使われているのか検討もつきませんが、奥深い味わいがする絶品カレーです。ぜひ訪ねてご賞味あれ。

体の細胞一個一個が喜びます。


そうそう、他のメニューもどれも美味しいのでオススメです。

脇役にも手抜きはありません。

例えば、ビールに付いてくるおつまみのナッツ。一つ一つのカシューナッツがとにかく丸々していて美味しいのです。ナッツ好きには堪りません。

何処のナッツか気になる方は店主に尋ねてみて下さい。教えてくれると思います。僕は聞いてからというもの、そのお店に行くと必ず同じナッツを買い求めるようになりました。

店舗情報

お店の名前アトリエてらた
お問い合わせ092-771-4445
Mail Address 
営業時間15:00〜25:00
定休日不定休
Address福岡県福岡市中央区六本松3-5-28

瀬下 黄太の自己紹介

生まれも育ちも福岡市中央区六本松。

父親が抽象画家「寺田健一郎」鉄彫刻家「寺田太郎」が兄。
兄の影響で小学生の頃からROCKに目覚め中学1年SEX PISTOLに出会いPUNKになり道外す。
高校生の頃よりバンド活動をはじめライブハウス等に出るようになる。

20歳になったばっかりの頃UKエジソンというPUNK専門レコード屋(高校の同級生がオーナー)雇われ店長となろから働きながらもバンド活動。その後も基本音楽関係の仕事を続け20代後半に上京。40歳の時福岡に帰郷。

福岡に帰り次第離婚と2度目の結婚をする。
現在でも続けているギター担当のTHE GOGGLESに加入もこの頃。
2007年兄とAMPGALLERYを設立しギャラリーとカフェを始める。
2011年父のアトリエを改装し「アトリエてらた」をオープン今に至る。

瀬下 黄太のHistory

1985パンク専門レコード屋UKエジソン福岡店長しながらバンド活動に明け暮れる
1991ビースト入社(デイトオブバースのスタジオ、音楽映像制作会社)
1993上京。
売れないバンドマンそのままな極貧生活が始まる。
1997イーストウエストジャパン洋楽部入社(ワーナーミュージック)
2000オフィスオーガスタ入社。
洋服屋「ライディングハイ」立ち上げる
2004福岡帰郷
2005マーズギャラリー立ち上げ
2007兄の寺田太郎(鉄彫刻作家)と共に吉野ヶ里「AMP GALLERY & CAFE」を設立運営
2011福岡六本松にてカフェバー「アトリエてらた」開店

瀬下 黄太の趣味

趣味と言えば音楽
バンド活動はずっと続けてます。

特にTHE GOGGLES(ギター担当)は全国的に幅広く活動を続ける。
詳しくはカタカナで「ゴーグルズ」と検索してみて下さい。

私の活動からか元絵描きのアトリエという雰囲気なのか、ミュージシャンや絵描きやアーティストの方、メディア関係の方等が多く集まってくれます。

そのお客さん同士が繋がってあらたに面白い動きがあれば!といつも思ってますし、そうなってきてます。

これからそんなサロン的な隠れ家で続けていきたいですね。

瀬下 黄太のHISTORY

1985
パンク専門レコード屋UKエジソン福岡店長 しながらバンド活動に明け暮れる
1991
ビースト入社(デイトオブバースのスタジオ、音楽映像制作会社)
1993
上京。売れないバンドマンそのままな極貧生活が始まる。
1997
イーストウエストジャパン洋楽部入社(ワーナーミュージック)
2000
オフィスオーガスタ入社。洋服屋「ライディングハイ」立ち上げる
2004
福岡帰郷
2005
マーズギャラリー立ち上げ
2007
兄の寺田太郎(鉄彫刻作家)と共に吉野ヶ里「AMP GALLERY & CAFE」を設立運営
2011
福岡六本松にてカフェバー「アトリエてらた」開店

\Bluebookからのお知らせ/

Bluebookのサポートメンバー制度、
始めました。

詳しくはこちらをチェック!

メニューを閉じる
Translate »