猪俣 悟

DOUBLE CROWN
植物をデザインする花屋

猪俣悟のプロフィール画像です。

\シェアする/

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

フラワーデザイナー

猪俣悟からのメッセージ

猪俣悟のページを訪ねて頂き、ありがとうございます。

私は、福岡市中央区白金にて、『Double Crown』という花屋を営んでいます。


その傍ら、
福岡市内のフラワーショップ仲間と共に
『 伝巧節花 (DENKO-SEKKA)』というフラワーパフォーマンスグループを結成し花業界をもりあげるべく、定期的に公演を開催しています。


私がフラワーデザイナーとして大切にしている
2つの”伝達”についてお伝えしたいと思います。

伝達その❶
お花を贈る方から貰われる方へ
「喜んでいただく、感動していただく」
ための伝達

Flower Design

フラワーデザインは奥が深く
とても美的な世界です。


しかし日本では
まだ浅い文化といってもいいでしょう。


例えば、お花をご注文される方で
何種類ものお花の指定をされる方がいらっしゃいます。


飲食店でいうと
店内にある食材をお客様が指定して、
即興の料理を作ることと同じです。

:シャケ と納豆 とパイナップル
で出来るだけ美味しく!みたいな。


このやり方では
美味しい料理(素敵なフラワーアレンジ)は
継続して作れません。


料理と同じように
フラワーデザインにもレシピが存在します。


当店DOUBLE CROWNの得意なジャンルは、
色彩とニュアンス、そしてアイデアです。


さまざまなカラーバリエーションと
微妙なニュアンスづくりをベースに

花の制作をおこなっております。

贈る方の雰囲気や色のニュアンスなどを
お聞かせください。


イメージに合う
フラワーアレンジを制作させていただきます。


ご参考に、ごく一部ですが
制作例を写真にてご紹介しております。


なお
Double Crown websiteにて
全制作例がご覧頂けます。


私の学んだ技術と知識でにたくさんの方に
感動していただけたら嬉しいです。

伝達その❷
“ライブパフォーマンス会場の観客に”
「植物の生命、美しさ」を感じてもらう為の伝達

花いけパフォーマンスライブ
DENKO-SEKKA

福岡県の花の生産量は
日本でも3位に入る優秀な県です。

しかし

福岡市の一世帯あたり花の消費量は
最下位争いが何年も前から
続いているのが現状です。


何とかして
地元である福岡市の花業界を
盛り上げたい!


又、
落ち込みが止まらない日本の
花業界にも貢献したい!


そして結成したのが
福岡の花屋4店から結成される


花いけパフォーマンスライブ

DENKO-SEKKA

花活けの静的なイメージを一変し、
スピード感と緊張感がある
芸術的な
フラワーライブを実現。


光と音楽、花職人達の技が光る
フラワーパフォーマンスライブは、

小さなお子様から大人の方まで、
男女問わずに楽しんでいただけます。

花を普段から扱う
花職人だからできる技、

そしてフローリストにしかできない
「握る技法」の数々。


植物の動きや花の美しさ、
その中に生きる命を
ライブを通して

多くの方に伝えていきたいです。

店舗情報

店名DOUBLE CROWN/ダブル クラウン
お問い合わせ092-531-7225
Mail Addressflower@wcrown.com
営業時間10:00〜19:00
定休日日曜日、祝日、休日
Address福岡市中央区白金2-8-12 1F
[ 福岡県知事公舎 斜め前 ]
Websitehttps://www.wcrown.com

猪俣 悟の自己紹介

人生を変えたA4サイズ「花の配達員募集中」の貼紙。

大学卒業後、私は東京のお笑いタレント事務所に所属しておりました。

残念ながら自慢のギャグも冴えず三年間で挫折、コンビ解散となり、行き場もなく福岡の実家へ帰ってきました。

お金も全然持っていなかったので、とりあえず働かねば!と思い就職活動を試みますが、これまた上手くいかず無職の日々を過ごしてました。


そんなある日、雨の中をトボトボと歩いていると、たまたま通りかかった花屋の入り口に「配達員募集」の貼り紙が貼ってあったのです。

これなら簡単にできそうだ!という甘い考えでそのままお店の中へ入り「面接してください!」


まさかのその場で採用決定!


当時25歳、花にはまるっきり興味がなく、植物の名前も知らないし、扱い方も育てかたも全然知らないズブのど素人。


この日が私の人生の分岐点でした。

入社後は、ひたすら配達、掃除そして社長の運転手。
相変わらず、そこまで花には興味がないまま配達業務のレベルだけが向上。


そして1年が過ぎ、第2の人生の分岐点が登場。

映画「マンハッタン花物語」

主役は花屋のオーナー、そして恋をする、、といった感じの いたってシンプルな恋愛映画です。

しかし、その映画(ビデオ)をたまたま見て驚いたのは、当時の自分の環境と違い過ぎたところでした。


その花屋のオーナーは自ら配達にいきます。

その理由は「お花をもらった方が喜ぶ顔が見れるから」という素敵なセリフ。

配達先に到着し、玄関のチャイムを鳴らす。そして扉をあけた女性たちが最高の笑顔で大喜びするのです。


この「笑顔で大喜び」が残念ながら、私が働いていた花屋ではなかったのです。

配達先に到着しチャイムを鳴らす、すると「どこにサインするの?」「誰から?」と私が持ってきた花すら見てくれてなかったのです。

なぜ映画のような感動がないのか?
そこで初めて 花にはデザインと技術があることを知りました。

「俺も人を感動させれる花を作れるようになりたい!」

その後フラワーデザインの世界にどっぷりはまり、今も楽しみながら花と向きあい仕事をしています。


植物をアレンジすることはセンスと思われがちですが、センスというものは、まるっきり必要ありません。


フラワーデザインをわかりやすく伝えると、立体パズルによく似ています。

ルービックキューブを回しているような感覚でしょうか。

こっちに回したら赤が揃って、こっちに回したら青が崩れて、見る向きを変えるとなるほどなるほど、みたいな。


これがたまらなく 面白いんです。

猪俣 悟の趣味

趣味は妄想。


妄想は場所を選ばず、1人になる時間さえあれば、いつでもできます。

たまに道を歩きながら「へへへっ」て笑ってる時がありますが、その時は勘弁してください。


頭の中は自由で、いろいろな場所に行けるし、美味しいモノも食べれる、不思議な乗り物にのって、面白い建築物も建てれる。


しかし想像と妄想って同じなイメージがありますよね。

ここで、私が普段やっているオススメ妄想スタイルをお伝えします。


❶本当に1人の時間を作り、椅子に座ってコーヒーやジュースなど好きな飲み物を一杯。


❷とりあえずの設定を考え、勝手に作りあげた世界を想像する。

例えば京都へ旅行(電車の中)


❸最初は簡単です。


まずは電車の中でコトンコトンって揺れてるところを想像しましょう。


❹それでは、頭の中へダイブ開始です!

電車で揺れてる続きです。


とりあえず近くの席へ座ってください。

そのまま座ってる椅子の素材と色を見てください。

想像するのでなく、そのまま目線をそらすだけです。

そのまま自分が持ってきたバッグ色や模様を見てみてください。


そのまま、そのバックの中からお財布を探してみてください。

お財布の中には幾ら入ってますか? そのまま、、、


ポイントは 「そのまま、、」を続けるところです。(笑)


このそのままの時間が長ければ長いほど、深く深く妄想の世界へ入って行けます。

 

妄想ファーストステップ。


頭の中へダイブ後は、現実に戻ってこないように想像した世界の中で、目線だけを動かして細かい部分だけを追っていきます。


妄想セカンドステップは お酒をご一緒させていただいた時にお話させてください。(笑)


私が考える妄想は、何か面白いことを想像するのではなく、自分の頭の中の世界を細かく覗き込んで見る感覚に近いのかも知れません。

 

それは今までの人生の記憶なのか、テレビを見た時の映像が残っているのか分かりませんが、とても興味深い空間です。


すでに妄想が趣味、そしてダイブの方法まで心得てる方もいらっしゃるかと思いますが、まだ経験がない方はいかがでしょうか。(笑)


普段の自分では想像できないような世界を見れる楽しい時間かと思います。

 

その妄想の世界からたくさんのデザインを私は頂きました。

さあ皆さんも究極の変態を目指して…。

猪俣 悟のHistory

1972福岡県 久留米市にて3人兄弟次男で誕生。
1975よく口から泡をふく、体が筒状に丸いの特徴を活かし、兄弟からカニorウインナーのあだ名をさずかる。
1977カニ、ウインナーのあだ名から脱出するが とにかく、うざいくらいの泣き虫を突き通す。
1980小学校 中学年になっても泣き虫、弱虫を突き通す。スイミング教室だけは真面目に通い、水泳だけは上手に泳げる
1982親の仕事の関係で東京へ。東京の小学生は皆 英語が喋れるという訳の分からない勘違いから更にシャイな人間へ
1986自分は運動ができない。と思っていた人生を覆す事件発生。中学2年生にてバスケ部キャプテンへ+人生はじめてモテ期へ突入
1988人生の友。お笑い芸人 相方と出会う。
1995日本で1番のお笑い芸人事務所に所属。
1998コンビ解散後、福岡へ。花(植物)との運命の出会い。
2000ひたすら花と向き合う。技術に対して貪欲な欲求を求め始める。
2004フラワーデザインスタジオ ダブルクラウンを設立。
2005テレビ局の仕事をメインにイベント装飾、ウエディング装花、ギフトフラワーなど幅広く展開
2012多くの尊敬できる先輩方に出会い。すさまじいほどの感銘を受け商売スタイルを変更。ブライダル事業を全面撤退。
2012フラワーアートの世界へ。多くの方に自分が感じている花のメッセージを伝えねば!と勝手に思い込む。
2014東京ドームのデモンストレーションをきっかけに花と三味線のコラボ「桜組」を結成。
2016日本で唯一のフラワーパフォーマンスグループ「伝巧節花」を結成。光と音楽、植物のコラボレーションを提案、実現。
2018植物が持つ美しさを伝達する為にライブ活動をメインにフラワーデザインを構築中。

\Bluebookからのお知らせ/

Bluebookのサポートメンバー制度、
始めました。

詳しくはこちらをチェック!